「問いかけ方を変える」

スタッフのやる気が

変わったお店の店長がやったこと とは・・・

たった1つ。
問いかけ方を変えたんです!!

そのお店の店長がこんなことを言ってました。

Aさんっていつもこうなんですよ!
何をしてもやる気なさそうだし、
教えても教えたことしかしないし・・・
だから、今回のことも
きっと自分からやらないと思うんですよね・・・

これって、本当なんでしょうかね?
この子のことはよく分かっているとは思いますが、
本当か確かめてもらえませんか?
とお話ししました。

このAさん
仕事の時、何が嬉しいのか?
何をする時に困っているのか?
何が分からないのか?
どんな風になるといいのか?
この仕事でどんな風に成長したいのか?

ぜひ、聴いてみてくださいねとお伝えし、
その店長はすぐに実践されました。

結果、このAさん
最初は質問に答えられないこともあったそうですが
次第に自分の事を話すようになったそうです。
そして、わからないことや
こうしてみようかな?と思う事を店長に
話し始めたそうです。

今では自分から進んで
「これやっていいですか?」と聞いてくるように
なったそうです。

このエピソードからもいえるのですが、

「たぶん、あの子はこんな子だから
きっとこれに困っているに違いない・・・」

「いつも元気がないし、お客様とも上手く話せない。
きっと接客苦手なんだわ・・・」

これ、実は全部推測なんですよね。
推測で話をしていくと、
どんどん本質からずれていくことが良くあります。

知ってるつもり(推測)を消す事が
店長(リーダー)には非常に大切です。

みなさんは、知ってるつもり
思い込み(推測)になっていませんか?

その思い込みで関わっていると、
いつの間にか
「この子は出来ない子」
「この子はやる気のない子」という
ラベルを貼って見るようになっていきます。

そんな関わり方をされたら、
あなただったらどうでしょうか?

「やる気」は起こりますか?

ぜひ、上手くいってないな、
こちらが思っている行動じゃないな、
と思ったら
本人に聞いてみることをお奨めします。

スタッフへの問いかけ方が変わることで
スタッフは自分で考えるようになります。
自分で考えることで、
自分の意見を持つようになります。

ぜひ、その意見を受け止め
実践のサポートをしてあげてください。

「問いかけ方を変える」
質問力を磨くことは店長として必須ですよ^^

※しつもん力を磨く講座は全国でやっています。
問塾~といじゅく~
http://toyjuku.com/

8月9日東京にて私も講師として、講座します^^
関西でも開催しますので、
興味ある方は気軽にお声かけくださいね。