誰かが「させる」のではなく 自分が「したい」と思うこと。

ある会社のリーダーさんの話です。

 

あるプロジェクトのリーダーを上司から任命されました。
でもそのプロジェクトでは自分が一番年下で
経験もキャリアもメンバーの中では一番ない。

研修の時のその人
「どうぜ、しゃあない、やらなあかんし・・・」
「やりたくてやっている訳ちゃうし・・・」
「指名されたから、やっているだけで、自分のせいちゃうし・・・」
まさにそんな心の声が聞こえてきそうな態度でした。

でもね、任せた(任命した)上司は期待しているんですよ
その上司の方、この人の扱いにほとほと困っていました。

どうしたら、やる気になってくれるんだ!!!
私に彼をやる気にさせてくれ!!と言ってきました^^
さて、研修でやる気に出来るのでしょうか?

私の研修はやる気にさせることは出来ないけど
やる気になることは出来るとお伝えしています。

誰かが「させる」のではなく
自分が「したい」と思うこと。それが一番大事なんですよね。

本人がやりたいって思うために
私がやっていることはたったひとつ。
それは「問いかける」と言うことだけです。

「質問」することを大事にお伝えしています。
それはスキルだけでなく、質問をする人の在り方や考え方
マインドも合わせてお伝えしています。

上質な質問に答えることで、人生が変わっていく人を何人も見ています。
私自身も質問に出会った6年前と今では、ものすごい変化しています。

どんな問いかけ方をすればいいか、どんなマインドですればいいか?
質問力が身につくと、自分自身が豊かになり、
周りの人が笑顔になっていきます。
周りの人との関係性を見直したいと思っている方は
ぜひ、質問力を身に付けてみてください!

企業様向けの研修で
「自ら動く部下を育てる質問力講座」をやっています。
自分で考え、行動する部下を育てる為の質問をお伝えしています。
気になる方、興味ある方、どんな事なのか知りたい方は
メッセージかinfo@uesugi-y.comまでお問い合せください^^